取組情報

母親父親教室

取組課題

子どもの健やかな成長を見守り育む地域づくり ▼

妊産婦に優しい環境づくり ▼

積極的に育児をしている父親の割合

育児不安の親のグループ活動支援 ▼

育児不安の親のグループ活動を支援する体制がある市区町村の割合

取組の対象

母親 家族

取組の背景

少子化、核家族化が進み、妊娠、出産、育児に対する具体的なイメージを持たないまま妊娠するケースが増加している。そのため、妊娠期から母親父親になるための情報提供及び体験を通して正しい知識を得ることが必要である。また、妊婦の高齢化に伴い妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病の発症率が増加するため、予防について情報提供が必要である。

提案者

母子保健担当者

取組のねらい・目標

母親や父親として子どもを迎える家族にとっては、妊娠、出産というライフイベントは健康への関心を高める入り口として重要である。妊婦やその家族に対し、順調な妊娠経過を送るために必要な情報提供や技術の習得を目的としている。また、妊婦やその家族が日ごろの心配等について情報交換し、不安の軽減を図ることを目的としている。

住民が健康に関する知識、技術を身につけ、動機を高める

数値目標あり

取組内容

仲間づくりをしながら妊娠中を順調に過ごし、より良い出産・育児ができるよう支援するために、妊娠中・産後の過ごし方、歯科、栄養などに関する講義や実習うを3回1コースとして設定しているが、それぞれの日程のものを選択して参加できるシステムとしている。

実施時期

2015/04 ~ 未定

通算期間

上記期間内での実施状況

参加人数や実施回数などは把握できない

取組内容(補足選択)

既存事業の工夫 マニュアル・ガイドラインの作成

協力機関

病院

住民参画状況

計画から参加

従事者内訳

保健師 管理栄養士・栄養士 助産師 歯科衛生士

補助金・助成金

なし

取組の評価

母子保健計画、次世代育成支援行動計画等の策定、改定時アンケート調査。短期事業評価としては、参加者へのアンケート調査。

今後も継続する

今後の課題

行政開催の特徴、医療機関で開催される教室との差別化

取組についてのWEBサイトURL

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/

最終更新日:2020-12-17 10:19:53