取組情報

せかままcafe(世界のママが集まるオンラインカフェ)

取組課題

切れ目ない妊産婦・乳幼児への保健対策 ▼

【妊娠期】母体の健康・精神的安定/胎児の成長 ▼

・母体の健康について

妊娠・出産について満足している者の割合

・妊娠期からのメンタルヘルスケア

その他

・妊産婦が及ぼす影響について

周産期死亡率

[その他]:海外在住日本人女性へ助産師による情報、母親学級を届ける。

【妊娠期~乳幼児期】切れ目ない支援 ▼

・児の健康づくりについて

出産後1か月時の母乳育児の割合

[その他]:日本から海外へ、海外から日本へ越す日本人妊産婦への情報提供と産後うつ等の精神疾患支援

関係機関との妊娠期からの連携強化 ▼

その他

子どもの健やかな成長を見守り育む地域づくり ▼

妊産婦に優しい環境づくり ▼

この地域で子育てをしたいと思う親の割合

妊娠中、仕事を続けることに対して職場から配慮をされたと思う就労妊婦の割合

積極的に育児をしている父親の割合

育児不安の親のグループ活動支援 ▼

その他

育てにくさを感じる親に寄り添う支援 ▼

育てにくさを感じる親への支援 ▼

ゆったりとした気分で子どもと過ごせる時間がある母親の割合

育てにくさを感じたときに対処できる親の割合

子どもの社会性の発達過程を知っている親の割合

発達障害を知っている国民の割合

[その他]:世界中の日本人母親と話すことで、広い視野と情報を得、育てにくさを感じる親に解決方法をもたらす。

妊娠期からの児童虐待防止対策 ▼

妊娠期からの児童虐待防止対策 ▼

児童虐待による死亡数

乳幼児期に体罰や暴言、ネグレクト等によらない子育てをしている親の割合

健康日本21(第2次)に含まれる母子保健に関するテーマ ▼

社会生活を営むために必要な機能の維持及び向上 ▼

全出生数中の低出生体重児の割合の減少

健康を支え、護るための社会環境の整備 ▼

地域のつながりの強化(居住地域でお互いに助け合っていると思う国民の割合の増加)

その他

実施時期

2017/9/26 ~ 未定

通算期間

上記期間内での実施状況

せかままcafe:約30回/月、参加延べ人数約130人/月 せかままセミナー(学び、情報提供、活動資金獲得、寄付が目的):14回開催。参加約400人。 せかまま勉強会:10回開催。参加約200人。

取組の連携先

民間団体 その他

取組の対象

父親 母親 家族 保健師 助産師

取組の概要

 海外に住む日本人は年々増えており(https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000368753.pdf)、平成29年は約135万人でしたが、令和元年には141万人に増えました。平成29年では出産適齢期の20歳代および30歳代の女性は海外に約40万人いました。長期滞在者数は在留邦人の6割を占め、そのうち女性の内訳は「民間企業関係者」同居家族が最も多いという結果が出ています。国立社会保障・人口問題研究所 副所長、林玲子氏の「在外日本人の人口動向」では(https://researchmap.jp/reikohayashi)、海外に出る日本人が増え、海外における日本人と外国籍の国際結婚も増え、その結果、片親が日本人である海外生まれの子どもも増加傾向にあると述べられています。

 せかままcafé(世界のママが集まるオンラインカフェ)代表の私、西川直子は日本で助産師として病院や母子訪問の仕事をしており、夫の仕事でタイに引っ越し、妊娠、出産、育児を経験しました。その後、イギリス、スペイン、イギリスと越し、現地の日本人会などで母親学級や母乳・育児相談ボランティアをする中で、多くの日本人妊産婦および母親が危機にさらされていることを実感しました。日本では行政から無料で受けられる育児相談などの社会資源がないだけでなく、外国で必死に仕事をする夫のサポートを受けられない母親が多くいました。異国での育児に孤独を募らせ、自殺に追い込まれた母親もいました。幾人かの女性が異国での育児の困難さから、医療機関にかかりながらも改善せず、母子だけ日本に帰ることが決まった時に、国をまたいでの医療専門者による支援は見事に途切れました。私は日本の医療保健機関に個人的なつてで支援を繋ぎました。

 タイで4年間、自宅でお茶会と称しておしゃべりの場を開放していた私は、女性たちがおしゃべりをすることにより、お互いに元気を出し合い、繋がりを得て笑顔になる瞬間を多く見ました。女性たちは安心しておしゃべりをする場があれば育児不安と孤独が軽減する。そして明日の育児をする元気が出る。約650人の女性を見てそれを実感した私は、2017年にせかままcaféを作りました。せかままcaféは、海外で妊娠、出産、育児をする日本人女性がオンライン、無料で安心しておしゃべりすることができる場です。

 目的は、妊娠中からオンラインでの居場所を作ることにより、産後うつによる自殺を減らすこと。励ましあう場があることにより育児不安が軽減し、児童虐待を防止すること。また、海外在住日本人助産師のネットワークを持っているため、国から国への移動に伴う情報提供にも寄与します。

 対象者は海外で妊娠、出産、育児をする日本人女性。

 方法は、オンライン(Zoom)でおしゃべりをすること。アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなどの国(約10か国)に住む「せかまま開き隊」と呼ばれる約40人のメンバーが、おしゃべりの場をつくり誰でも無料でその場に行けるようにしています。

 現在、月平均30回の開催、毎月延べ約130人の方が参加してくださっています(半数は日本からのご参加)。ご感想の一部です。「自分が納得して選択、決断することの大切さを改めて確認しました。(イギリスより)」「アメリカ、カナダ、タイ、日本のそれぞれの話が聞け、思いもよらない事が聞けて楽しかったです。(日本より)」 

 今後の展開は、さらにせかまま開き隊を増やし、より多くのおしゃべりの場をつくること。妊娠中からせかままcaféの存在を知っていただき、日本人女性が海外でも安心して妊娠、出産、育児をするための情報や繋がりを得られるようにしていきます。そして女性が広い視野と育児する元気を得、育児不安の減少と、子どもの健やかな成長を支援することに寄与します。

 これまでにせかままcafeの取り組みをどこかへ応募したり受賞したりしたことはありません。

取組についてのWEBサイトURL

https://osyaberi.sekamamacafe.org/

コラボ事業者募集中

最終更新日:2021-07-21 10:26:46