取組情報

お出かけのハードルをさげ、引きこもりを防止する活動

取組課題

育てにくさを感じる親に寄り添う支援 ▼

育てにくさを感じる親への支援 ▼

ゆったりとした気分で子どもと過ごせる時間がある母親の割合

[その他]:双子や三つ子家庭の引きこもりへの課題

[その他]:外出困難を抱える多胎家庭へ、外出困難の原因(物理的要因や心理的要因)の顕在化と相談支援を実施

実施時期

2012/4/1 ~ 2026/12/31

通算期間

上記期間内での実施状況

2000人以上に対して、相談を実施

取組の連携先

地方公共団体 教育機関 専門団体(学会や職能団体等) 民間団体 研究機関 他の企業

取組の対象

新生児 乳児 幼児 妊産婦 父親 母親 教員

取組の概要

簡易な移動手段である自転車を利用することができなかった双子家庭が利用できる「ふたごじてんしゃ」を開発しました。
ツールの提供をすることで、お出かけの選択肢が増えたこと、幼稚園や保育園の送迎ができるようになったことで、園選びの範囲がひろがったことなど、行動範囲を広げるができました。
また、これまで引きこもっていた家庭ですが、めずらしい自転車で出かけるようになり、地域の方から声をかけることが増え、地域コミュニティへ再びもどれるようになりました。


また、お出かしてみたいという気持ちを喚起することがで、その時のためらいや不安にたいして相談支援を実施し、社会参加への後押しをしています。


本取り組みで、令和2年度 自転車活用推進功績者表彰をいただくこともできました。

取組についてのWEBサイトURL

https://futago-jitensya.jp/news/10140/

コラボ事業者募集中

コラボ実績あり

最終更新日:2021-04-27 09:39:57