取組情報

5歳児相談

取組課題

育てにくさを感じる親に寄り添う支援 ▼

育てにくさを感じる親への支援 ▼

子どもの社会性の発達過程を知っている親の割合

発達障害をはじめとする育てにくさを感じる親への早期支援体制がある市区町村の割合
/市町村における発達障害をはじめとする育てにくさを感じる親への早期支援体制整備への支援をしている県型保健所の割合

取組の対象

幼児 妊産婦 父親 家族 関係者・関係機関

取組の背景

集団の場で気になるお子さんについて、支援者、保護者と発達の問題について共通認識をもつことが難しく、就学後に問題が顕在化するケースがみらた。保護者や関係者が子どもの特性を理解し、親も子も適切な支援をうけられる環境づくりが必要である。

提案者

母子保健担当者

取組のねらい・目標

軽度発達障害等を早期に発見し、適切な支援につなげることで軽度発達障害による二次障害を防止する。
保健福祉教育の連携強化

住民が健康のために行動できる機会や環境を提供する

数値目標なし

取組内容

集団の場で5歳児相談を実施

実施時期

2017/04 ~ 未定

通算期間

上記期間内での実施状況

参加人数や実施回数などは把握できない

取組内容(補足選択)

相談機能の強化 ネットワークの推進 人材育成の強化(研修等)

協力機関

保健センター・保健所 子育て支援センター 保育園 幼稚園

住民参画状況

なし

従事者内訳

保健師 管理栄養士・栄養士 歯科衛生士 事務職員 保育士 教員

補助金・助成金

なし

取組の評価

今後も継続する

今後の課題

取組についてのWEBサイトURL

北海道

赤平市

最終更新日:2020-06-01 11:12:33